• 特別徴収(年金からの天引き)
    4月・6月・8月・10月・12月・2月
  • 普通徴収(個人で納付)
    6月から3月まで毎月(10期割り)
平成30から32年度の介護保険料一覧表
保険料の所得段階 対象者 負担割合 保険料年額(円)
第1段階 生活保護の受給者または老齢福祉年金の受給者で、世帯全員が住民税非課税または世帯全員が住民税非課税で、本人の課税年金収入と他の所得との合計が80万円以下

基準額×0.5
(基準額×0.45)

35,400円(31,860円)   

第2段階 世帯全員が住民税非課税で、本人の課税年金収入と他の所得との合計が80万円を超え120万円以下 基準額×0.7 49,560円
第3段階 世帯全員が住民税非課税で、本人の課税年金収入と他の所得との合計が120万円を超過 基準額×0.75 53,100円
第4段階 本人が住民税非課税(世帯内に住民税課税者がいる場合)で、本人の課税年金収入と他の所得との合計が80万円以下 基準額×0.9 63,720円

【基準】

第5段階

本人が住民税非課税(世帯内に住民税課税者がいる場合)で、本人の課税年金収入と他の所得との合計が80万円を超過 基準額 70,800円
第6段階 本人が住民税課税で、合計所得金額が120万円未満 基準額×1.2 84,960円
第7段階 本人が住民税課税で、合計所得金額が120万円以上190万円未満 基準額×1.3 92,040円
第8段階 本人が住民税課税で、合計所得金額が190万円以上290万円未満 基準額×1.5 106,200円
第9段階 本人が住民税課税で、合計所得金額が290万円以上400万円未満 基準額×1.7 120,360円
第10段階 本人が住民税課税で、合計所得金額が400万円以上600万円未満 基準額×1.9 134,520円
第11段階 本人が住民税課税で、合計所得金額が600万円以上800万円未満 基準額×2.1 148,680円
第12段階 本人が住民税課税で、合計所得金額が800万円以上 基準額×2.2 155,760円
  •  保険料の納付については、こちらを参照してください。