町では、大学と連携協定を結び、双方のもつ知的、人的、物的資源を活用した連携活動を強化し、課題解決や地域の活性化に向けた取組みを進めています。各大学における取組みの概要や成果を広く皆様に知っていただく機会として発表会を開催し、地域社会の発展に繋げていきたいと考えています。

 

平成30年度

 平成31年2月8日(金)に「横浜国立大学及び星槎大学との連携取組事例発表会」を開催し、町民や町内事業者の方々、町議会議員など、計42名が参加しました。各大学の発表の後に行われた意見交換では、町の今後のために何が必要か、何ができるかを皆さん活発に発言されていました。

  

 

プログラム

(1)町の大学連携の取組みについて

(2)箱根町における循環構造の可視化

  【発表:横浜国立大学経済学部 池島ゼミナール】

(3)100歳プロジェクトの概要について

  【発表:星槎大学 細田満和子副学長】

(4)質疑及び意見交換

 

会の概要

 

資料等